私のルーツ013/クグロフ

クグロフ

新婚旅行のおみやげで持って帰ってきた型※で作った、

クグロフ。

ドイツやフランス・アルザス地方の家庭のお菓子。

クグロフの型は、大阪のたこ焼き器的に、一家にひとつ必ずあるといううわさ。

マリー・アントワネットの「パンがなければお菓子を食べればいいのに」の「お菓子」は、

このクグロフだったと言われているらしい(参照:wikipedia)

2011年2月20日の出来事。

※持ち帰ったものは割れてしまったが、後に来日した
“ジャムの妖精”クリスティーヌ・フェルベールさんより
プレゼントとして頂いたものを使用しています。
有難う!

関連記事:

About kei

パンとお菓子のお店を開く。 レタープレス勉強中。 アトリエ開設へ!

コメントを残す